高橋ダンのデリバティブとは

こんにちはNAGOです。

今日はダンさんの動画

を皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

一体デリバティブとは何なのか?必見です。

YouTube高橋ダンより

 

 

Dan
今日はデリバティブを教えるよ
リスク回避 のために 取引 する 金融派生商品 株式 、 債券 、 為替 、金などの 現物 価格 に 連動 して 価格 が決まる 商品 のこと。 金融商品 から 派生 することから、 金融派生商品 と呼ぶこともあります。

 

1.デリバティブの重要性

デリバティブは重要です。なんでそんなに重要なの?。

YouTube高橋ダンより「デリバティブの規模」

まずは規模なんです。デリバティブ全体の規模は株や債権の何倍にもなります。大きな市場って事は覚えた方がよいですね。

次にデリバティブの種類ごとに見てみます。

YouTube高橋ダンより「デリバティブの種類別規模」

これを見てわかるようにSwapsが多いです。

 

NAGO
Swapsってなに?

2.デリバティブの種類

デリバティブは大きく分けて3種類あります。

オプション

オプションにはコールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)があります。

YouTube高橋ダンより「オプション説明」

 

LONG Call  買う権利を買っている

LONG  Put  売る権利を買っている

Short  Call  買う権利を売っている

Short  Put  売る権利を売っている

 

Dan

ここで重要なのが

オプションは義務ではない

権利です。

例えばGoogleの株を3ヶ月以内に1,000ドルで買う権利を買う。買うにはオプションを買う(LONG Call )買う権利に10ドルかかったとします。Googleの価格が1010ドル以上に上がったらブレーキングポイントで買うと利益がでます。

NAGO
少しわかってきました

では売りたいときは、Googleの株を3ヶ月以内に1000ドルで売る権利を買う。買うにはオプションを買う(LONG  Put )売る権利に10ドルかかったとします。Googleの価格が990ドル以上に下がったらブレーキングポイントで売ると利益がでます。

NAGO
なーんかわかってきた

ここで重要なのが先ほどので出来た権利であるってことです。権利なので実行し買ってもいいし、納得いく価格で無かったらそのオプションを放棄すれば良い。放棄する場合の損失は買う時に掛かった10ドルのみになります。

 

Dan

でも

Short  Call  買う権利を売っている

Short  Put  売る権利を売っている

これは権利ではなく義務になるよ。

そしてオプションを計算するときに重要なのがボラティリティになります。オプションとボラティリティの動画もそのうち出してくれるみたいなので期待してまってましょうね。

ここのオプションの世界ですが以前記事にしています。実際のチャートを見ながら説明してあるのでよりわかりやすいかもしれませんので張っときます。

アメリカ株が下落、オプション市場で暴落の兆候!

フューチャーズ、フォアード

厳密に言えばフューチャーズとフォアードは別の物ですが凄く似ています。

フォアードを調べると

フォワード取引(Forwards)とは、先渡取引のこと。店頭取引(相対取引)による取引で、事前に設定した取引条件において金融資産の購入や売却をするという合意のこと。フォワード取引は現物決済が原則となっており、実際に現物商品の受け渡しを行うため、100%相当額の資金が必要となる。
例えば三ヶ月後に先物の取引をします。
フォアードは一回だけの権利です。3ヶ月後に買うと売るが成立する。
フューチャーズは先物で3ヶ月の期間内ならいつでもこの権利が市場で取引が出来ます。
少しだけ違いますね。
ほとんどの先物はフューチャーズです。ではフォアードはどこで使われているのか?。FXです。未来の例えばドルをこの期間後に買う。オプションと違ってこれは義務になります。絶対買わなければなりません。
Dan
先物は規模は大きいよ
先物に注目すべきです。

スワップ

スワップを調べてみました。

交換という意味を持ち、2つの当事者の間であらかじめ合意された数式にしたがって求められたキャッシュフローを決められた期間に、決められた回数だけ交換する取引のことです。その条件は、固定であったり変動であったり、また数値もそれぞれに異なります。キャッシュフローを交換することをスワップ取引と呼んだり、2国間の通貨を売買(外国為替証拠金取引)で発生する金利差のことをスワップ金利と呼ぶなどして使われる言葉です。

 

 

Dan

金額では無く

二つの商品をスワップするんだよ

一番使われているのは金利スワップです。

例として、A社とB社があります。A社は変動金利の商品がほしいと思ってます。B社は固定金利の商品がほしいと思っています。この時にスワップ契約をするんだと・・。あんまり意味がわかんない。

でもわからなくて良いみたいです。個人投資家はあまり関係ない世界のようです。

3.ボラティリティの重要性

このデリバティブの世界には大きくボラティリティが影響します。ボラティリティも皆さん注目してください。とくにオプションは株価に使われています。

この動画ではボラティリティについてあまり話されていなかったので少し付け加えていきます。

ボラティリティー(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティーが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、その商品の価格変動が小さいことを意味します。
現代ポートフォリオ理論などでは、このボラティリティーを標準偏差で数値化し、それをその商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的です。そのため、ボラティリティーが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティーが小さい商品はリスクが低いと判断されるのが通常です。
ボラティリティが大きな商品の場合、ボラティリティが下がっている場合は危険な時があります。なぜか?。ボラティリティが低いって事は少ない金額で市場が動かせる場合があります。少ない金額で動くんです。

そういえば思い出しましたがソフトバンクが今年話題になりましたね。巨額なオプションを購入してアメリカ株価を操作した?。こんな話が出てからオプションはギャンブルだと思う人が増えました。でも違うんです。オプションは保険です。

X社の株を買ったとします。X株が値下がりをすると保有している株はでは損しますがX株のプットオプション取引を行っておけばオプション取引で利益が出ます。つまり保有している株の損失をヘッジできます。

もし下がらなかったら権利を放棄してオプション料金だけ払えばよいんです。こう聞くとオプションは保険って思えますね。

ソフトバンクは何をしたのか?気になる人のために記事張っときますね。

202/9/27:ソフトバンクMBOニュースは怪しい

ダンさんのような投資ができるように頑張ります。それではまた!!。

ダンさんはずっと口座は2つ用意することと話されています。もし口座を1つしか持っていない方は作ってみてはどうでしょうか?。管理が簡単になりますよ。



DMMなら20,000円キャッシュバックもありお得です↓


 




NAGOのオススメの本も張っときますね

自己啓発本オススメ10冊紹介!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!